MENU

緑内障の徹底対策ガイドライン◇緑内障に効くサプリとは?

サプリで緑内障が治療できるってホント?

当サイト

は、緑内障対策のための情報を配信しています。

 

緑内障は特殊な病気で、発症する人は限られていると思っていませんか。

 

実際は、患者数は220万人とされており、40歳以上になると30人に1人が緑内障と言われているほど深刻です。

 

このような現状があるにもかかわらず、危機意識が欠如しているように思えます。

 

また、緑内障は自覚症状がほとんどありません。視野が狭まるなどの症状がありますが、ゆっくりと進行していくため、自覚症状が薄いとされています。

 

こうして視力や視野が失われても、残念ながら回復はしません。そして、放置することにより失明に至ることもあります。

 

緑内障は誰でも発症する可能性がある病気なので、今からでも目を守り、緑内障対策を徹底しましょう。

 

そのためにおすすめしたいものが、サプリメントです。

 

「ルテイン、アントシアニン、ゼアキサンチン」などを配合したサプリメントが、緑内障や目のケアにおすすめです。

 

緑内障対策におすすめのサプリランキング

 

サプリで緑内障が治療できるってホント?

めなりの特徴

目に良い成分をぎゅぎゅっと詰め込んだ『めなり』

目の健康に必要不可欠なルテインやゼアキサンチン、ビルベリーなどを配合しています。どれも緑内障対策にも有効です。
良い成分を複数配合していることに加えて、配合成分のトップクラスです。
アントシアニンが豊富なビルベリーは170mg、ルテインは12mg、ゼアキサンチンは2.4mgも。
目のレンズ調節など、目の機能をさまざまな角度からサポートしてくれるサプリになっています。

価格 907円
評価 評価5
成分 ルテイン、ゼアキサンチン、ビルベリー(アントシアニン)など

 

 

サプリで緑内障が治療できるってホント?

ブルーベリー&メグスリノ木EXの特徴

7種のベリー+αのサプリメント『ブルーベリー&メグスリノ木EX』

小林製薬が販売しているサプリメントで、安心感がありますよね。そしてなにより、その中身。
価格はリーズナブルですが、目に良いベリーを7種類もブレンドしています。
ビルベリーは120mg、その他にカシス・クランベリーなどミックスベリーエキス10.5mg、アントシアニンも配合しています。
さらに、目に良いと言われるメグスリノキもプラス配合。37.5mg配合していて、その他に、ルテインやベータカロテンなども入っています。

価格 1,512円
評価 評価4.5
成分 ビルベリー、ミックスベリー、アントシアニン、ルテイン、メグスリノ木、βカロテンなど

 

 

サプリで緑内障が治療できるってホント?

ルックルックベリーの特徴

見る力、目の健康をサポートしてくれる成分たっぷり『ルックルックベリー』

2種類のベリーを使っているのが特徴的です。ブルーベリーよりもアントシアニンが豊富なビルベリー100mgに、アサイー100mgも配合。これらの含まれるアントシアニンが目の健康をサポートします。また、アサイーはアミノ酸も含んでいます。
副原料にもメグスリノキやカシスなど目に良い成分を厳選しています。

価格 1,000円
評価 評価4
成分 ビルベリー、アサイー、メグスリノキ、カシス、ルテインなど

 

緑内障にカフェインが影響する!?

サプリで緑内障が治療できるってホント?

 

医療技術は発達していますが、緑内障の治療については進行を防ぐための治療のみになります。

 

病状によって治療法は異なりますが、薬物療法やレーザー治療、手術などを行います。治療法は異なっても、目的は症状の進行を抑えることです。

 

残念ながら、緑内障によって欠損した視野などを回復させることはできません。

 

現時点で治らない病気であるため、緑内障は予防することが肝心です。

 

緑内障を発症させる原因はいくつかありますが、まず「眼圧」が高くなることです。

 

この眼圧を高めてしまう日常生活の中にある原因と考えられているのが、「カフェイン」です。

 

皆さんは朝起きてコーヒーを飲んだり、1日に何杯もコーヒーや紅茶などカフェインを含む飲料を飲んでいませんか。

 

実際にカフェインの摂取から2時間後には約2mmHgほど眼圧が高くなります。

 

しかし、実はカフェインの少量の摂取なら、それほど問題ありません。

 

緑内障を発症している人のカフェインの許容量は約300mgです。大体コーヒー5杯程度なので、過剰摂取しなければ問題ありません。

 

ただコーヒーなどを飲み過ぎている傾向にあるなら、なるべく控えましょう。

 

またカフェインが入っていないコーヒーなどを利用するのもよいでしょう。

 

緑内障と眼圧の関係とは?

 

サプリで緑内障が治療できるってホント?

緑内障は一般的に「眼圧」が高くなることで発症する病気と言われています。

 

眼圧とは、簡単に言うと目の圧力のことで、目の硬さをあらわします。

 

目の水晶体と隅角の間で一定量の房水が作られています。この房水は水晶体や隅角などの血管がない部分に栄養を与える役目や眼圧を調節する役目をになっています。

 

房水は作られた量と同じ量が隅角から流れ出ることによって、眼圧は保たれているのですが、このバランスが乱れてしまうと眼圧が高くなります。

 

何らかの原因で房水が流れ出なくなること、または房水が十分に作られないと眼圧に以上を起こします。

 

房水を排出する隅角自体に異常が起きていることが原因の場合もあります。たとえば、隅角が狭い、塞がっているなどの状態では房水がうまく流れ出ません。

 

隅角が問題なく正常であっても、房水が一定量以上作られてしまうことでも眼圧は高くなります。

 

このように眼圧は高くなると、徐々に目にさまざまな症状があらわれます。

 

視野が狭くなる視野欠損をはじめ、視野狭窄や視力低下などが起こります。この時点ですでに、緑内障を発症している可能性があります。

 

眼圧が高くなる=緑内障を発症すると考えられているため、眼圧を下げることで緑内障の発症リスクを軽減できると言われています。とくに40歳以上になると眼圧が高くなりやすいので注意してください。

 

ただし、緑内障は眼圧が高くなくても発症することは大いにあります。

 

緑内障には種類があり大きく分けると、「外傷性緑内障」と「正常眼圧緑内障」です。

 

後者の「正常眼圧緑内障」は、文字通り、眼圧が正常であるにもかかわらず緑内障が発症する状態です。実は眼圧が高いことよりも緑内障の割合が多いとも言われています。

 

さまざまな原因によって緑内障は発症し、場合によっては自覚症状がほぼありませんので、定期的に検査を受けること、日常生活内で目を労わるようにしましょう。

 

まずは目に違和感がある場合、40歳以上になったら定期的な眼科の受診をおすすめします。

 

サプリで緑内障が治療できるってホント?最新記事一覧

緑内障になると失明するのか!?
緑内障には、どのようなイメージを持たれていますか。多くの方が「失明する目の病気」という印象があるかと思います。事実、失明に至る恐れのある眼病です。今何のトラブルもなく目が見えている人にとって、失明することは自分とは関係ないことと思われているかもしれませんが、失明を招く緑内障はすでに多くの方が発症して...
緑内障の発症に気付けない!?自覚症状は出るのか
緑内障の患者数は220万人にのぼると言われています。もしかすると、アナタも発症しているかもしれません。実は緑内障を発症しても、あまり自覚症状が出ないのです。そのため、自覚のないうちに発症し、進行しているケースはざらにあるようです。緑内障にもさまざまな種類がありますが、ほとんどが症状はゆるやかに進行し...
疲れ目を軽くみてはいけない!緑内障を引き起こすことも
現代人の多くが抱えている「疲れ目」の問題。パソコンをはじめスマホも普及し、現代人にとって欠かせないものになっています。プライベートではもちろん、仕事柄パソコンやスマホを常に使っている方も多いかと思います。パソコンを常に使う仕事の人ほど、目を酷使している状態で、ブルーライトなどの影響も浴びています。こ...
日ごろからセルフチェックで緑内障の早期発見!
緑内障に限ったことではありませんが、病気の深刻化を防ぐためには早期発見が重要になります。現在は医療技術も進歩していて、失明すると言われていた緑内障も治療を受けることで症状の進行を食い止めて失明するリスクを0に近づけることができます。そのためにも早期発見が重要です。しかし、緑内障を発症しても、一般的に...
子どもでも緑内障は発症する!親御さんの皆さんへ
一般的に緑内障は高齢者が発症しやすい病気とされています。実際に年齢別にみると、40歳以上で30人に1人が緑内障とされています。しかしこの報告から分かるのは、あくまで40歳以上に発症しやすいというだけであって、全年齢でいつ発症するかは分かりません。そして、小さな子どもでも緑内障を発症することがあります...