MENU

日ごろからセルフチェックで緑内障の早期発見!

日ごろからセルフチェックで緑内障の早期発見!

 

緑内障に限ったことではありませんが、病気の深刻化を防ぐためには早期発見が重要になります。

 

現在は医療技術も進歩していて、失明すると言われていた緑内障も治療を受けることで症状の進行を食い止めて失明するリスクを0に近づけることができます。そのためにも早期発見が重要です。

 

しかし、緑内障を発症しても、一般的に症状はゆっくり進行していくので自覚できない方も多いです。知らない間に発症していて、気付いた頃には進行しているケースも珍しくありません。

 

早期発見のために日ごろからセルフチェックしてみてください。

 

あくまで簡易チェックの方法ですが、自宅でできる簡単なチェック方法があります。

 

テレビを使った方法

日ごろからセルフチェックで緑内障の早期発見!

まずひとつは、テレビを使った方法です。テレビに近づいて、画面を見つめます。このとき、片目をつむり、視野にテレビ画面がすべて入るようにしてください。

 

順番に目をつむって片目ずつチェックし、どちらかでも、視野が欠けて見える場合は、緑内障を発症している疑いがあります。

スマートフォンでアプリ

日ごろからセルフチェックで緑内障の早期発見!

また、最近では、便利なアプリもあります。スマートフォンでアプリを使って、緑内障をチェックする方法もあります。

 

 

 

このように、自宅でできるセルフチェック方法があります。

 

しかしながら、あくまで簡易的なチェックになります。緑内障を発症しているのか、それを調べるためには専門の検査が必要になります。

 

飛蚊症や光視症、目の痛みなど、何らかの異変を感じたら、早めに眼科を受診してください。

 

また、定期的に検査を受けることで早期発見できます。